印刷など用にWordファイルでダウンロードしたい方はこちら

天から降って来た生きたパン―年間第19主日B年

ヨハネ・ボスコ 林 大樹

  ヨハネによる福音6章41−51節

 ユダヤ人のつぶやき(41−42節)
 今日の福音は、「天から降って来たパン」についてのユダヤ人たちの反応から始まります。ヨハネ福音書での「ユダヤ人」は、イエスに敵意を持つエルサレムの人々を指しますが、ここでは40節以前で「群衆」と呼ばれており、しかもイエスの父母を知っているガリラヤの人々のことです。ガリラヤの群衆がつぶやき始めたとき、イエスに敵意を持つ「ユダヤ人」へと変身したのです。
 彼らは砂漠の先祖と同様に(出エジプト記15章24節、16章2節・7節・12節、17章3節の「不平を述べる」)つぶやきます。しかし、ヨハネ福音書の場合は「イエスについて」つぶやくのですから、事態はもっと深刻です(ヨハネ6章41節・43節・61節)。つぶやきは常に不信仰のしるしとみなされています。
 彼らがつぶやくのは、イエスが「天から降って来た」と述べたからです。彼の両親を「我々」は知っているし、「これは……イエスではないか」と考える彼らには、イエスがなぜ「天から降って来た」と口にするのか、理解できません。これに対してイエスは、真の意味での「天」が何であるのかを説明します。

 私のもとに来る(43−46節)
 そこでイエスは、まず「つぶやき合うのはやめなさい」と語りかけ、「私をお遣わしになった父が引き寄せる」「私のもとに来る」(2度)ことの大事さを説きます。「引き寄せる」は、本来、舟とか車のような重い物を力いっぱい引っ張るときに使われる用語で、ヨハネ21章6節・11節では、湖に打ってたくさんの魚を取り込んだ網を引き寄せる場面で使われ、さらにヨハネ12章32節では、イエス自身が「地上から上げられるとき、すべての人を自分のもとへ引き寄せよう」という預言の中に用いられています。
 44節と45節の「私のもとに来る」の間には未来形の動詞(「私が復活させるだろう」と「神に教えられるだろう」)がはさまれています。父が引き寄せることによって「私のもとに来る」ことになった人は、将来、イエスによって復活にあずかることになり、神によって「教えられる」ことになります。このような豊かな未来が開かれるためには、今、「私のもとに来る」ということが不可欠なのです。
 結局「天」とは、父と子との親しい関係を示す用語で、私たち自身も「神によって教えられ」(イザヤ書54章13節)、「父から聞いて学ぶ」ことによってこの親しい交わりに入ります。しかし、イエス自身は、「父から聞いて学んだ者」ではなく、「神のもとから来た、父を見た方(かた)」であり、私たちのために「父がお遣わしになった方」です。
 従ってイエスは、真実に「天から降って来た方」であり、「天から降って来たパン」として、永遠の命を与える方です。私たちは、父から聞き、学び、そして引き寄せられて子(=イエス)を信じ、子のもとへ行き、子から命を受けるのです。信じる者は、永遠の命を現在すでに持っています(47節の動詞は現在形です)。

 生きたパン(47−51節)
 「モーセが天からのパンを与えたのではなく、私の父が天からのまことのパンをお与えになる」(ヨハネ6章32節)。
 「私が命のパンである。私のもとに来る者は決して飢えることがなく、私を信じる者は決して渇くことがない」(ヨハネ6章35節)。
 「私は、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。私が与えるパンとは、世を生かすための私の肉のことである」(51節)。
 35節と48節で繰り返された「私が命のパンである」は、51節では「私は天から降って来た生きたパンである」と変えられ、イエスと命とがさらに緊密に結び付けられています。35節の「私のもとに来る者、私を信じる者」は、51節ではもっと具体的に「このパンを食べる者」と言い換えられ、「飢え渇くことがない」は「永遠に生きる」と換えられます。しかしながら32節の「父が与えるパン」は、51節では「私が与えるパン」と言い直されます。

 今日の福音のまとめ
 今日の福音は「パン」の意味を明らかにします。ユダヤ人たちが、「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょうか」と尋ねたとき、「神がお遣わしになった者(=イエス)を信じること、それが神の業である」とイエスは答えます(ヨハネ6章28−29節)。また、イエスは「私が命のパンである。私のもとに来る者(信じる者の意味)は決して飢えることがなく、私を信じる者は決して渇くことがない」と言い(ヨハネ6章35節)、「……私を食べる者も私によって生きる」(ヨハネ6章57節)とも言います。
 以上のことを総合すると、パンは「イエス自身」を指し、「このパンを食べる」とは、「イエスを信じる」ということになります。シモン・ペトロは「主よ、私たちは誰のところへ行きましょうか。あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。あなたこそ神の聖者であると、私たちは信じ、また知っています」(ヨハネ6章68−69節)と信仰告白をします。何を信じるのか、それは「永遠の命の言葉」です。つまり、「イエスを信じる」ことは、「イエスの言葉」を信じることであって、パンはイエスが語る(神の)言葉です。
 しかし、もう一つの解釈があります。イエスは人に命を与える神の言葉(パン)ですが、彼が命を与えられるのは彼の生きている肉(生きたパン)をこの世に差し出して死んだからです。教会はそのパンを「聖体」と呼んで、イエスの「真の体」であると告白します。
2021年8月8日(日)
鍛冶ヶ谷教会 主日ミサ 説教