印刷など用にWordファイルでダウンロードしたい方はこちら


新しい「ミサ式次第」の変更箇所
その2

主任司祭 ヨハネ・ボスコ 林 大樹


2022年11月27日(待降節第1主日)から、ミサの式文が移行期間を設けず、一斉に変更します。その変更箇所の一部をまとめました。

 開祭
1 会衆へのあいさつ
主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが皆さんとともに。
  または
父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が皆さんとともに。
  会衆は答える。
またあなたとともに。
 ※現行版の「また司祭とともに」の「司祭」は、「祭儀を司る(つかさどる)者」の意味で採用された訳でした。しかしながら、司教や助祭に対して唱えるときは違和感があるという意見があり、再検討されました。ラテン語規範版の直訳では「またあなたの霊とともに」となりますが、「あなたの霊」では身体を離れた霊魂を連想させるなど意味がつかみにくいため、諸外国や他教派の式文も参考にして、これを聖書的語法に基づく全人的な表現と受け止め、「あなた」とする訳が採用されました。同様の変更は、福音朗読の前、叙唱の前、平和のあいさつ、派遣の祝福にもあります。

2 回心の祈り
_鷽瓦竜Г螳
  司祭は信者を回心へと招き、短い沈黙の後、一同は手を合わせ、頭を下げて、一般告白の式文を一緒に唱える。
全能の神と、兄弟姉妹の皆さんに告白します。わたしは、思い、ことば、行い、怠りによってたびたび罪を犯しました。聖母マリア、すべての天使と聖人、そして兄弟姉妹の皆さん、罪深いわたしのために神に祈ってください。
  続いて、司祭は罪のゆるしを祈る。←今までは宣言する。
全能の神、いつくしみ深い父がわたしたちの罪をゆるし、永遠のいのちに導いてくださいますように。
  会衆は答える。
アーメン。
 ※現行版の典礼注記では「司祭は罪のゆるしを宣言する」と訳されていますが、ミサの回心の祈りはゆるしの秘跡の効果をもつものではないので、規範版に基づいて「司祭は……を祈る」に変更されました。

回心の祈り三
  司祭は信者を回心へと招く。短い沈黙の後、司祭あるいは助祭または他の奉仕者は、次のようなことばを先唱し、会衆は応唱する。
先唱 打ち砕かれた心をいやすために遣わされた主よ、いつくしみを。
会衆 主よ、いつくしみをわたしたちに。
先唱 罪びとを招くために来られたキリスト、いつくしみを。
会衆 キリスト、いつくしみをわたしたちに。
先唱 父の右の座にあって、わたしたちのためにとりなしてくださる主よ、いつくしみを。
会衆 主よ、いつくしみをわたしたちに。

3 いつくしみの賛歌←「あわれみ」から「いつくしみ」に変更しました。
(一)
先唱 主よ、いつくしみを。
会衆 主よ、いつくしみをわたしたちに。
先唱 キリスト、いつくしみを。
会衆 キリスト、いつくしみをわたしたちに。
先唱 主よ、いつくしみを。
会衆 主よ、いつくしみをわたしたちに。
 ※この賛歌のもつ、いつくしみに満ちた主をほめたたえるという特徴をふまえ、現行版の「あわれみ」を「いつくしみ」に変更しました。
(二)
先唱 キリエ、エレイソン。
会衆 キリエ、エレイソン。
先唱 クリステ、エレイソン。
会衆 クリステ、エレイソン。
先唱 キリエ、エレイソン。
会衆 キリエ、エレイソン。
 ※(二)として原文のまま唱えることのできる式文を加えました。ラテン語規範版にもギリシア語のまま記されており、近年の諸外国版でも原文で唱える可能性を残していることで考慮されました。また今回の変更では、回心の祈りは典礼暦に合わせた祈りが準備されています。鍛冶ヶ谷教会のミサでは、まず主日「回心の祈り一」「いつくしみの賛歌(一)」「いつくしみの賛歌(二)」、週日「回心の祈り三」を用い、その祈りに慣れた頃に典礼暦に合わせたものを徐々に使用したいと思います。

4 集会祈願
  栄光の賛歌(グロリア)が終わると、司祭は手を合わせたまま言う。
祈りましょう。
  一同は司祭ともにしばらく沈黙のうちに祈る。続いて、司祭は手を広げて集会祈願を唱え、会衆は結びにはっきりと唱える。
アーメン。
※栄光の賛歌(グロリア)は、訳が変更され、賛歌の表題にラテン語の表題「グロリア」を加えました。

※ 注(Web担当者より)
原文(Wordファイル)ではフォントは明朝とゴシックを使い分けていますが、Web上ではこの使い分けは難しいので、フォントの指定は特になしとさせていただきました。ご容赦を。
また、「3 いつくしみの賛歌」では、スマートフォンのような小さな画面を考慮し、改行部分を一部変更しております。

原文どおりの書式でご覧になりたい場合は、お手数ですが、Wordファイルをダウンロードしてご覧いただければ有難く存じます。