エマオの弟子たち
―今日(きょう)どのように
主イエスに出会うことができますか―

主任司祭 ヨハネ・ボスコ 林 大樹


 エマオの弟子たち
 (ルカ24章13−35節)

 13ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、14この一切の出来事について話し合っていた。15話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。16しかし、二人の目は遮られていて(さえぎられていて)、イエスだと分からなかった(2)。

 17イエスは、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と言われた。二人は暗い顔をして立ち止まった。18その一人のクレオパという人が答えた。「エルサレムに滞在していながら、この数日そこで起こったことを、あなただけはご存じなかった(1)のですか」。19イエスが、「どんなことですか」と言われると、二人は言った。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力のある預言者でした。20それなのに、私たちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするため引き渡して、十字架につけてしまったのです。21私たちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました。しかも、そのことがあってから、もう今日で三日目になります。22ところが、仲間の婦人たちが私たちを驚かせました。婦人たちは朝早く墓へ行きましたが、23遺体を見つけずに戻って来ました。そして、天使たちが現れ、『イエスは生きておられる』と告げたと言うのです。24仲間の者が何人か墓へ行ってみたのですが、婦人たちが言ったとおりで、あの方は見当たりませんでした」。

 25そこで、イエスは言われた。「ああ、物分りが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、26メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか」。27そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自身について書かれていることを説明された。

 28一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。29二人は、「一緒にお泊りください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。30一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。31すると、二人の目が開け、イエスだと分かった(2)が、その姿は見えなくなった。32二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、私たちの心は燃えていたではないか」と語りあった。

 33そして、時を移さず出発して、エルサレムに戻ってみると、十一人とその仲間が集まって、34本当に主は復活して、シモンに現れたと言っていた。35二人も、道で起こったことや、パンを裂いてくださったときにイエスだと分かった(1)次第を話した。

 今日どのように主イエスに
  出会うことができますか

 クレオパともう一人の弟子は、「イエスの生涯」についてよく知っています(17−24節)。彼らはそれについて話し合い論じ合っています(15節)。ただ、彼らは「イエスの生涯」の意味が分かりません。「イエスの生涯」の意味を理解するためには「聖書」に基づいていなければいけません。そして「聖書」の説明は、復活のキリストによって行われています(25−27節)。この説明があってはじめて「秘跡」(30節 イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった)のうちに、復活のキリストだと認めることができました。そして、彼らがイエスだと分かった瞬間に姿が見えなくなった(31節)ということは、これからは(そして今日も)「聖体」の秘跡のうちにこそ主イエスに出会うことができるということを、私たちに教えています。
 「エマオの弟子たち」は同じ語源を持つ二つの動詞、ギノスケイン(1)―知る、理解する、エピギノスケイン(2)―認める、分かる、が入り交じっています(上記の聖書箇所に(1)(2)の数字を付けています)。特に、最初と最後では状況が変わります。二人の弟子たちは、認めない、分からない→認める、分かる→知る、理解する、に変わります。
 初めは、二人の弟子の目は「遮られてイエスだと分かる(エピギノスケイン)ことができません」(16節)。したがって、イエスが変わったのでも、行商人に身をやつしたのでもありません。弟子たちが変わったのです。彼らは期待が裏切られたと思って失望の闇に閉じこもり、この期待がイエスにおいて思いがけない方法で実現したことを理解(ギノスケイン)していないのだから、イエスだと見分ける(エピギノスケイン)ことができなくなっています。パンが裂かれたとき、彼らの目は開けました。復活のキリストを認める(エピギノスケイン)ことができたこの心の変化は、人間から来るものではありません。彼らの目は、聖書を「開いて」説明してくれたイエスによって開かれるのです。
 弟子たちは道中ではイエスだと分かりません(エピギノスケインすることができません 2節)。だが、パンが裂かれたときに認め(エピギノスケイン 31節)、イエスが自分を知らせた(ギノスケインさせた)と言い切ります(35節)。イニシアティブを取るのは、いつもイエスなのです。
 ルカはこのように<イエスの生涯を知ること―聖書―秘跡>という、「エマオの弟子たち」の中で三つの本質的な要素の役割を指摘し、この三つの要素から「今日どのように主イエスに出会うことができますか」という問いかけに答えています。
 参考資料:「新約聖書の世界への旅」(エティエンヌ・シャルパンティエ著 井上弘子訳 鈴木信一監修 サンパウロ社発行)49−50頁