印刷など用に
Wordファイル
ダウンロードしたい方は
こちら

真理の霊は
あなたがたを導いて
真理をことごとく悟らせる
〜 聖霊降臨の主日B年 〜

ヨハネ・ボスコ 林 大樹

  ヨハネによる福音
   15章26−27節、16章12−15節


 弁護者の証し
  (15章26−27節)

 弁護者(パラクレートス)という言葉は、ヨハネ福音書には四回用いられています。この四回の用例を比較すると、弁護者を派遣する者に食い違いがあるのが分かります。今日の福音の26節では弁護者を遣わすのはイエスですが、14章16節では「父は別の弁護者を遣わして」と述べられており、父が弁護者を派遣することになっています。矛盾しているように見えますが、ヨハネの興味が聖霊の送り手の特定ではなく、むしろ聖霊の働きにあったとすれば、おかしなことではありません。
 ヨハネが強調しようとしていることは、弁護者の人間への関わりであって、弁護者の由来ではないのです。ヨハネが語るのは、人間と関わる聖霊の背後には常に父とイエスがいることを示すためであり、イエスが昇天した後、父と子が聖霊を通して人間にさらに深く関わり始めたことを示すためです。だから、イエスが父のもとから遣わす霊は、私たちの「弁護者」であり、別名「真理の霊」です。この霊は、イエス・キリストを証しすることによって(26節)、人間を助け、慰め、また真理の中へ導くのです。「真理」とは神の教え、ここではイエス・キリストを通してもたらされた神の恵みと救いを指します。
 聖霊の役割はイエスを証しすることにありますが(26節)、イエスは弟子たちの共同体にも証しすることを求めます(27節)。それは、教会の宣教と同じと言ってもよいと思います。しかし、この証しは神または聖霊の働きであって、人間はあくまでも神に用いられる道具なのです。

 真理の霊が告げること
  (16章12−15節)

 地上のイエスの時点での弟子の無理解が指摘された(12節)後、それとは、対照的に、弟子たちの共同体を真の理解へと導く聖霊の働きが述べられます。真理の霊は、「(弟子たちを)導いて真理をことごとく悟らせる」のです(13節)。それは、同時に、世の誤りを明らかにすることです(ヨハネ16章8節)。しかし、真理の霊は、イエスにおける神の啓示に全く新しいことを付け加えるのではなく、あくまでも霊の働きとして、「これから起こることをあなたがたに告げる」(13節)のです。
 「これから起こることをあなたがたに告げることである」(13節)は、フランシスコ会訳の注釈では次のように説明しています。「『これから起こることを語る』は、三つの解釈がある。ある学者は、聖霊が事の起こる前に使徒たちに予告するとの意に解する(使徒言行録21章11節)。他の学者は、聖霊が初代教会内に起こる諸問題の意味を、その都度、使徒たちに悟らせるとの意に解する(使徒言行録11章1−18節)。また、将来起きるキリストの死と復活による救いの秘儀の意味を、後に、聖霊が使徒たちに悟らせるとの意に解する者もいる(使徒言行録4章8−16節)」。
 14節では、真理の霊が「栄光を与える」ことが語られます。この言葉は、12節の弟子の無理解を前提にしています。地上においてのイエスの啓示は、弟子たちの理解が弱かったために、ある程度限定したものでした。もちろん、それは、啓示自体が限定されたものであるということではなく、啓示を受け取る側の理解が限定されたものであったということです。従って、イエスの栄光が完全に開示されるためには、聖霊が必要です。
 15節では、父と子の一体性を述べます。それこそが、聖霊が弟子たちに告げることによって、イエスに栄光を与えることの根拠なのです←このような父と子と聖霊の一致は、後の三位一体論につながっていきます。

 今日の福音のまとめ
 今日の福音では、弁護者(パラクレートス)はイエスが父のもとから遣わす「真理の霊」として描かれています。この「真理の霊」は、イエスについて証しします。今日の福音の15章26−27節の前後には、世がイエスの弟子たちに仕かける迫害が語られています。世はイエスとその弟子を憎み、これを迫害します(15章20節・23節)。その迫害は会堂から追放し、弟子たちのいのちを奪うほどの徹底したものです(16章2−3節)。そして弟子たちの心にも「つまずき」、つまりキリストに対する信仰を失う危険が忍び込むことすらあり得ます(16章1節)。しかし、このような信仰の危機にさらされている弟子たちの共同体に、イエスは証しすることを求めます(15章27節)。15章27節の「初め」はイエスが行った宣教の「初め」であると同時に、後の世のキリスト者が信じ始めた「初め」でもあります。いつの世のキリスト者であれ、イエスと出会う「初め」を持っています。つまり、イエスは「今」の私たちの共同体にも証しするように求めているのです。
 イエスは「まだ(語るべきことが)たくさんあるが、『今』、あなたがた(弟子たち)には理解できない(直訳 耐えることができない)」と言います(16章12節)。イエスの言葉を受け止められない「今」とは、聖霊降臨(第一朗読参照)が起こる以前の時間を指しますが、同時に聖霊による導きが必要となったすべての「今」でもあります。聖霊の助けがない「今」は、イエスの言葉を理解できないし、イエスに従うことが引き起こす困難に耐えることもできません。しかし、「真理の霊が来ると」、そのような「今」がまったく新しい「今」に変えます。「真理の霊はあなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる」。真理の霊は、人間を助け、慰め、出来事の意味を告げるからです。父がイエスへと伝えられた真理の内奥が、今度は聖霊によって弟子たちに伝えられ、その奥深い神の恵みと救いの神秘が私たちのうちに明らかにされるのです。
2024年5月19日(日)
鍛冶ヶ谷教会 主日ミサ 説教