印刷など用に
Wordファイル
ダウンロードしたい方は
こちら

すべての民に
父と子と聖霊の名によって
洗礼を授けなさい
〜 三位一体の主日 〜

ヨハネ・ボスコ 林 大樹

  マタイによる福音
   28章16−20節


■ガリラヤの山で(16−17節)
 弟子たちは復活したイエスにひれ伏しますが、疑いも生じます(17節)。この「疑う」は、もともとは「二つに分かれる」を意味しました。新約聖書ではここの他にただマタイ14章31節で用いられています。夜、イエスが湖を歩いて弟子たちの舟に近づいたとき、ペトロは舟を出てイエスのもとに行こうとしますが、風を恐れておぼれかけると、イエスは「なぜ疑ったのか」と叱ります。ペトロは、イエスのもとに行きたいと思う一方で、恐怖を覚えます。しかし、「疑う」は欠点のままで終わるのではなく、叫んでイエスに助けられたペトロは、「本当にあなたは神の子です」(マタイ14章33節)と告白していますから、「疑う」が告白へと高まることがありえるのです。
 今日の福音でも同じです。弟子たちはイエスの指示(マタイ26章32節、28章10節)に従ってガリラヤの山に登りました(16節)。指示に従ってガリラヤに行った弟子たちのように、近寄るイエスの言葉(18節以下)に従うとき、「疑い」は信じることへのステップになるのです。

■イエスの言葉(18−20節)

[18−20節の直訳の構成]
18節
私にすべての権力が与えられた
天において そして地の上で。

19節
だから行って
すべての民を弟子としなさい
彼らに父と子と聖霊の名前へ洗礼を授けて

20節
彼らに私があなたがたに命じたすべてを守ることを教えて
そして見よ 私はあなたがたと共にいる
世の終わりまですべての日々。

 イエスの言葉(18−20節)は上の構成図のように、三つの文章から出来ています。最初の文章では、天と地に対する権威が「私」に与えられたと述べます。三番目の文章では、世の終わりまで、いつも弟子たちと共に「私」がいるという約束を述べます。二番目の文章では、権威を持ち、いつも共にいる「私」が弟子たちに指示を与えます。
 この指示に使われた動詞を拾い上げると、「行って―弟子としなさい―授けて―教えて」となります。主要な動詞である「弟子としなさい」以外はすべて分詞形ですから、イエスの言葉(18−20節)の要点は「弟子としなさい」です。

■今日の福音のまとめ
 「荒れ野」に入ったイスラエルは、神を疑い、神を試します。しかし、「荒れ野」はそのような危険に満ちているからこそ、かえって誰が命を与え、支えているのかを悟ることができる場所ともなりました。第一朗読(申命記4章32−34節、39−40節)では、モーセに導かれたイスラエルの民は、「荒れ野」の厳しい旅を終え、ヨルダン川の東岸に到着し、対岸を見渡す所までやって来ます。モーセはそのような民に向かって、シナイ山での律法に続き、「第二の律法」と呼ばれる申命記を語り聞かせ、約束の地での生き方を前もって教えます。
 荒れ野と約束の地の間に立ったイスラエルは、私たちの姿でもあります。彼らは「荒れ野」で神を疑い、神を試した失敗を省み、約束の地での生き方を示す「律法」が与えられました。私たちも神を知らずに、神を疑った過去を捨て、約束の地に向かって進んでいます。しかし、私たちに与えられたのは「律法」ではなく、「神の子とする霊」でした。しかも、私たちはこの霊によって、神を「アッバ、父よ」と呼ぶことができるのです(第二朗読 ローマ書8章15節)。
 フランシコ訳聖書の注釈では、今日の福音16節の「父と子と聖霊の名によって」を「私たちは洗礼によって主イエスのものとなり、イエスと一致し、イエスの父を私たちの父とし、イエスの霊を私たちの霊としてもつ、という意味である」と説明しています。つまり、洗礼によって、私たちは父と子と聖霊の親しい交わりに招き入れられるのです
 今日の福音では、復活したイエスに出会った弟子たちの中には疑う者もいました(17節)。この疑いについて新共同訳の注解書では次のように説明しています。「マタイが『疑い』を記したのは、信仰が礼拝と疑いの両面をもつという心理的分析によるのではなく、マタイの時代にすでに復活顕現の伝承に自らの体験を語り得た世代はもはや過去となり、顕現を語るのみでは疑いを克服できなくなってきた事情が反映している。他の福音書でも顕現における『疑い』のモティーフは取り上げられているが(ルカ24章41節、ヨハネ20章25節)、それらの箇所では復活者イエスが具体的に自分の体を示すことによって、弟子たちの疑いを取り去るのであって、疑いは復活を逆に証明する道具となっている。これに対してマタイは、復活したイエスの体を示すことによってではなく、『言葉』によって信仰を確立する道を打ち出すのである。イエスの与える言葉とそれへの現在的服従こそが『疑い』を克服するのである」。
 今日の福音のイエスの言葉(18−20節)の要点は「弟子としなさい」です(19節)。「弟子とする」とは、父と子と聖霊(三位一体)の交わりに招き入れることです。この交わりは父と子と聖霊の名による洗礼によって始められ、イエスの言葉を守るようにと教えることによって保たれるのです
2024年5月26日(日)
鍛冶ヶ谷教会 主日ミサ 説教

※ 注(Web担当者より)
●本文前半の「18−20節の直訳の構成」の部分は、原文(Wordファイル)では濃い下線と淡い下線が使われていますが、両者の使い分けがWeb上では難しいので、濃い下線は「下線+太字」で代用させていただきました。また、スマートフォンでも読みやすいよう、原文での字下げを解除したり、改行を増やしたりしております。
 原文どおりの下線表現やレイアウトでご覧になりたい場合は、お手数ですが、Wordファイルをダウンロードしてご覧いただければ有難く存じます。